2010年09月

湖南中華キッチン

旧鏡村の奥地にある「湖南」さんへ行ってきました。
知る人ぞ知る中華屋さん♪
民家レストランって感じのすっごーくアットホームな雰囲気。
以前、北環状線沿いにあったお店のようです。

konan01.jpg

konan03.jpg


看板は沖縄っぽい雰囲気…
メニューにも中華以外に沖縄料理もありました。
店内にも沖縄の商品が売られてたり。
店長さんは沖縄好きとお見受けしました!


今日はまずはスタンダードに中華をいただいた♪
私がオーダーしたのはお得なお昼のセット(785円)。
酢豚丼、豚丼、帆立天丼と色々ありましたが、麻婆丼をチョイス。
エビチリ風な味がナイス☆
スゴイボリュムで、助けてもらいながらなんとかかんとか完食。

konan04.jpg


その横で、娘は唐揚げセット(885円)をペロリ。
大盛りにも関わらず、相変わらずの食べっぷりで…
将来が心配やわ~。。

konan02.jpg


相方は、
蟹チャーハン(785円)と三鮮麺(785円)。
三鮮麺のスープが超個性的!
オイスターソースを使っているのか、黒いスープが味わい深かった~

アットホームな休日ランチ、ごちそうさまでした。
今度は沖縄料理を食べてみたい!



「湖南中華キッチン」
高知市鏡的渕1-4
11:00~20:00
088-896-2312
月曜休み

はちはち祭り

「はちはち祭り」に参加してきました~
「四国を繋げよう」をコンセプトに四国4県で行われているイベントで、
高知は丸の内緑地での開催となりました。

hachi2.jpg


高知県内はもちろん、四国4県より様々ななお店が出店してて
なかなか面白かったです。
ステージイベントもよさこいからタヒチアンダンス、アコースティックライブまで、
大盛り上がりで。大賑わい!!

hachi1.jpg


私も、MCという大役を仰せつかりまして、
1日中アクティブに動きまくり、楽しみまっくった
というワケで。
雑誌づくりでは味わえない、ライブ感を肌で感じて
これもええなぁ~と。

雑誌というのは、編集してからお客さんに渡るまでに時間がかかるし、
お客さんつまり読者さんが、どんな表情で雑誌を見ているのかをリアルに知ることは難しいんです。
でも、イベントって、今しゃべったことが次の瞬間、
お客さんの反応となって目に見えて伝わってくる。
それって、私達出版者にとっては、スゴク新鮮で~!!
変に快感でした(笑)
クセになりそう~~ ウフ♪


ろくな写真が無いのは、私が頑張っていた証拠というわけで、
あしからず…


実行委員の皆様、お疲れ様でした!!!
みんなの汗が眩しかったなぁ!!

utoco

室戸の「utoco」さんへ1泊2日の取材旅行へ出かけてきました~!
「しっかり味わってもらうのが一番ですから…」
と通常のお客さん同様におもてなしをいただきまして。
本当に感激しっぱなしでした。

シュウウエムラさんが創ったこの施設は、
シュウさんの思いを引き継ぎ、現在、星野リゾートさんが運営されております。
シュウさん自らが「海に住みたい」と願い建てらたれた「utoco」。
シュウウエムラ、という人物が一生涯の思いを込めた場所。
室戸はそんなシュウさん、最期の夢を叶えるのに日本中から選ばれたんです!
私、その話を聞いて心から感動しました。
高知で生まれ育った私ととしては、本当に嬉しくて。
やっぱり、高知は私の誇りです。

utoko02.jpg


ホテルの前には一面、室戸の海が広がります。
まさに、さながらリゾート!
やっぱ、高知は日本のハワイやわ~♪

レストランで提供しているお料理にも海の幸がふんだんに。
ランチは、海御膳(1800円)をいただきました。

utoko01.jpg

プリップリのお刺身がのったまさに「室戸」な御膳。
宿泊客以外でもいただけます!


そして、しばし撮影タイム♪
部屋に、プールに、ライブラリーに、撮影ポイント盛りだくさんです。
詳しくは11月号の特集「パワースポット経由、温泉巡り」にて紹介します。


utoko03.jpg

空がインディゴブルーに染まり始めた頃、お待ちかねのディナータイム♪
題して「黒潮のフレンチ」。
海の幸をたっぷり使った素敵すぎるフレンチにもう感動の嵐。


utoko04.jpg

鰹とクスクスのミルフィーユ仕立て タプナードの菜園(左)
黒潮のエスプレッソ(右)

トップを飾ったのは、やはり高知。鰹です。
鰹がスモークされてフレンチの一品に。アイディアに脱帽です!
そして、2品目は。エスプレッソコーヒー? と思いきや、
エスプレッソの如く黒潮のエキスが凝縮されたスープ。
ん~、粋なネーミング♪


utoko05.jpg

金目鯛のヴァプール なめらかな帆立貝のムースに載せて(右)
鯛のミラネーズとハーブのサラダ 2種類の爽やかなソース添え(左)

海の幸尽くしでどんどん続きます。
どこれもこれも本当に本当にオイシイです。


utoko06.jpg

ミント風味の烏賊、ゴマのムース、フルーツのハーモニー(左)
鯛のナン包み焼き オランデーズソース キノコのソテー(右)


utoko07.jpg

そして最期。
ほうじ茶のプリュレ 本日のアイス添え

いや~、スベシャルなフルコースにメロメロ~
幸せな思いに包まれ、夜空の星を眺めつつ本日は就寝。
雨が振ったり止んだりながらも星空ってスゴイ☆



そしてーーー 朝焼けをカメラにおさめるべく朝5時起床!
見て下さーい!! この素晴らしい朝焼け。
深夜から朝方の大雨が嘘のよう。
太陽が顔を出したのは一瞬やったけど、雲の切れ間から溢れる光がサイコーに幻想的。

utoko08.jpg

その後、ジオパークへ繰り出し、モーニングをいただき、
撮影無事終了~

夢のような室戸ツアー。
「utoco」さん、そして室戸の素晴らしさを体感した。
2日間、お世話になりました。本当にありがとうございます。



「ウトコ ディープシーテラピー センター&ホテル」
室戸市室戸岬町6969-1
0887-22-1811

プライムトーク

今月、プライムトークに来てくれたのは、多彩なお三方でした~。
まずは、グラフィックデザインや広告デザインを手掛ける、デザイン事務所「d.d.office」の代表・吉岡綾子さん。

dd.jpg


デザインとは… という深~いお話を色々と伺い私、頷きっぱなし。
一般的にデザインというと、「色・形・文字などを使って表現すること」のように捉えがちですが、彼女は表現する以前、つまりデザインコンセプトを考える作業こそがデザインだと言うんです。
考えることがデザイン… なるほど、確かにそうかもしれません。
コンセプトがぶれてしまってはデザインの方向性もぶれる。企画がしっかりしていたら、自ずと表現方法は決まって来るものです。

そして何をもって考えるのかというところで「楽しむ」という視点を大切にされているとも言います。
例えば、商品のラベルやパンフレットを作るとき、「どの確度から見るとその商品が楽しいのか」ということをまず考える。「真正面から見たらつまらない商品でも、視点を変えて見てみると楽しい面が見えてくることがある」というのか吉岡さんの持論。
商品の楽しさを見い出すことそのものがデザインというわけです。

雑誌作りで言うところの企画とデザイン制作を一手に担っているといった感じです。
いずれにせよ、デザイナーには面白がったり、楽しんだりする幅広い視点、幅広い感性、そして何より「自由さ」が必要ではないでしょうか。これは私の持論ですが…
自由、まさに私の人生のテーマですーーー!

いや~、とっても感慨深い収録となりました。
私も、吉岡さんと非常に近い内容の仕事をしているので、共感する思いがたくさんでした。



次は、素材にこだわったお菓子を手作りしている、菓子工房「ル・セルクル」の代表・渡辺史子さん。
彼女の素材へのこだわりには頭が下がります。

serukuru.jpg


北海道江別製粉の「小麦粉」にはじまり、
南国市 田所養鶏場の「安心たまご」、
ブラジル産の「オーガニックシュガー」、
無添加の「純生クリーム」、
高知県産の「ジャージー牛乳」… 書ききれないほどです。

これだけ徹底したこだわりを持つ彼女も「楽しむ」を大切にされています。
「お菓子を通して作り手の思いが伝わるから、楽しんで作ることを意識している」と渡辺さん。
そのために、リラックスする自分のための時間や、ワクワクするようなチャレンジの場をしっかり持っておられます。
自分のケアが上手いなぁ… と私、感心しました。

仕事に対してこだわりが多ければ多いほど仕事に偏りがちになるものです。
でも、仕事に偏り過ぎても、趣味に偏り過ぎても、バランスって崩れてしまいます。
楽しみながら長く仕事と付き合っていくためには、自分自身のケアを忘れちゃいけない。私、我が身を振り返ると身につまされる思いであります。
 

さて、最後はお土産用のお菓子を製造している、有限会社「黄金堂」の代表取締役・大野 仁さん。

ogon.jpg


大野サンの多彩な趣味には、私、衝撃を受けました。
バイク、カメラ、写真、ギター演奏、楽器製作、自転車… 
まだまだ出てきそうな勢いで。
お忙しい中、どこにそんな時間があるのか不思議!!
大野さんは、観光客向けのお土産菓子の製造販売をされており、龍馬ブームの今年は、さらにお忙しいはず。

が、彼に言わせると「時間は作るもの」。

その通り! 

でも、私にはできないもんですから、本当にスゴイなぁと尊敬します。
なかなか仕事が忙しいと趣味がおろそかになるんです。
大野さんのオンオフの切り換えの潔さは、心から見習いたい。
好奇心旺盛、探究心旺盛な彼をお話を聞いていると、やっぱり人間として味わい深いんですよね。人間に幅があって、感性が豊かで。
「まじめに仕事をして、まじめに趣味に取り組む」、大野さんのそのスタンスに私も心から賛同します!

仕事も趣味も、色んな引き出しを持てる懐の広い人間になりたーい!
プライベートの時間をもっと満喫しよう… そんなことを胸に誓った収録となりました。



プライムトークは毎週金曜日11:30~
FM8.16にて放送中です!

Cammino

今日ははりまや町にできた「Cammino」さんへランチに行ってみた!
入り口にはオープンテラスがあって、バールをイメージさせる雰囲気。
佇まいだけじゃなくって、お料理もイタリアンです。

Cammino1.jpg


店内は女性1人でも過ごしやすい木造のカフェ。

Cammino3.jpg


ランチはサラダ、フォカッチャ、メイン、ドリンクがセットで800円の
パスタランチ、野菜カレーランチ、イタリアンサラダランチ。

それから、前菜、パスタorお肉料理、フォカッチャorライス、ドルチェ、ドリンクがセットで1280円のカンミーノランチがありました。


Cammino2.jpg

私はやっぱりパスタランチ♪
本日は2種類のきのこのパスタでした。
食べるほどに引き込まれるオイルベースのパスタで、
私的には最後の一口が一番美味しかったな☆
これぞ、本物の美味ですよね~


ランチもしかり、スタッフの方々のサービス精神は拍手もの!
とびっきりの笑顔と元気をいただきました☆
しかも、「とっても目が綺麗ですね~ ドキッとします」なんて男性スタッフさんに言われちゃったりして~ うれしビックリ!! ウフン♪


夜は、ピザからパスタ、アラカルトまで美味しそうなイタリア料理が盛りだくさん。
今度は、夜風に吹かれながらテラスでワインでも飲みたーい。

心地良いランチタイムをごちそうさまでした。



「Bar e caffe Cammino」
高知市はりまや町2-5-1フローラはりまや町102
088-855-6265
12:00~24:00
火曜・第2月曜日休み

京町Base

お待ちかねの打ち上げへ行ってきました~
今回の会場は「京町Base」さん。
シュミレーションゴルフが楽しめるダイニングとして、今注目のお店です!

kyomachi1.jpg


でも、今日はゴルフのある2Fフロアではなく、3Fフロアを貸し切りでドンチャン騒ぎでーす。
なんせ、うちの会社は威勢が良すぎてうるさいですから、
他のお客さんと共存はできないんです。はい。

kyomachi2.jpg


例年なら、よさこい祭りの撮影が終わったその足で
ひろめ市場で乾杯♪がお約束だったもんで、
編集部一同、今年はだいぶお預けをくらっておりました。
ゆえに、今日のビールは旨い!

kyomachi3.jpg

kyomachi4.jpg

料理は色々たくさん来てましたが、
案の定、はじめの3皿しか抑えられておらず…
ご機嫌にオカワリを飛ばしまくった打ち上げ~~~♪

ごちそう様でした!


鉄板Dining&Bar 京町Base
高知市はりまや町1-1-21
088-855-5716
18:00~深夜 3:00
無休

よさこい増刊号

よさこい増刊号できあがりました!!!!!
渾身の一冊です。
ママの本、創刊時ぶりに働きまくりました。
ホント、これは編集部一同の血と汗と涙の結晶です。
踊り子のみなさんに喜んでもらえることを心から祈っています。


yosa1.jpg

これが表紙。


yosa2.jpg

よさこいヘアやコスプレの紹介。


yosa3.jpg

踊り子さんのグラビア写真がズラ~リ。
大賞受賞についての審査委員長インタビューまで。


yosa4.jpg

よさこいにただならぬ情熱を燃やす踊り子さんや、
全チームの紹介もあります!!!

只今、1200円にて発売中です!
おかげさまでたくさんのお問い合わせをいただいております。
品薄になってきておりますので、お買い求めはお早めに…
banner_honshi.jpg

記事検索
プロフィール