2014年07月

長城

高知学園のOBらがこぞって美味いの絶賛するコチラの味噌ラーメン。
ミンチ肉とタマネギ、もやしの炒め物が麺の覆い尽くした一風変わったスタイル。

1408-chojyo-03

はかなり甘めの味噌スープに、唐辛子とニンニクのスパイスを加えた
どちらかというとスタミナ系。
なるほど、野球男児のパワーアップに一役買いそうな一杯だ。

私に取っては食べ慣れた味では決してないが、「昔ながら」という言葉が似合う一杯。
高知学園OBにとっては、時より無性に食べたくなる青春の味に違いない…
コチラ、一杯600円なり。


「長城」
高知市福井町515-3 
☎088-822-2344


★高知のラーメンを究め抜いた極めつけの一冊「究極のラーメン」でもご紹介しています!

セルフうどん 麦笑

私の中の、時短ランチの決定版「麦笑」さん♪
食べるのがスローテンポな私でも20分でランチタイムを満足に過ごせる~

1408mugiwara-02

今日のオーダーは夏にピッタリな「ピリカラぶっかけ」。
ラー油が入ってちょっぴり中華風だけど、しっかり和風ダシが効いていてマイルド感もあり!
ピシッと引き締まった麺によく似合う!!

1408mugiwara-01

トッピングのとり天もなかなかの名脇役。
衣のカリっに美味しさの秘密あり♪

トッピング一つひとつにまで
こだわってるな~




「セルフうどん 麦笑」
高知市本町2-2-4 甲藤ビル1F
☎088-821-9276
11:00~15:00麺が無くなり次第終了
隔週日曜休み



ほっとこうち8月号特集「THE BEST OF 夏うどん」にも掲載してます!!

08natuudon

らーめん亭

「またラーメン?」と娘にぼやかれながら向かった先は「らーめん亭」さん。
娘は焼き豚らーめん、私はミニらーめんセットをオーダー。


焼き豚らーめんには、ほろっほろのチャーシューが4キレも!
かなり、丹念に煮込んだ感があって。お箸をすり抜ける~。
スープは塩味。こちらのお店、ベースが塩ラーメンのようです。

1407-ramen-03


あまりにラーメン続きな私は、ミニらーめんとミニ焼き飯のセット。
ラーメンは、店内のポスターにでかでかと「おすすめです」と書かれてあった
味噌らーめんにちゃっかりチェンジしてもらいました。

1407-ramen-04

2つとも食べ比べてみましたが、私は味噌派。
なんだか懐かしーような昭和的味噌味。


1407-ramen-02

ピリっと程よい刺激と、濃すぎず味わい深い優しい味にうっとり♡
また一つ、私好みの味をみつけてしまいました!!


「らーめん亭」
高知市南万々13-4
☎088-823-7792
11:30~14:30、17:30~20:30
日曜休み


★高知のラーメンを究め抜いた極めつけの一冊「究極のラーメン」でもご紹介しています!

まる家

まる家=細麺というイメージをいただいていた私。
つけ麺をオーダーして、登場した極太麺にビックリ。

1407maru-02

つけ麺専用は、うどんとまではいかないまでも、
通常の太さの2倍以上はあるであろう、かなりの太さ。
歯ごたえの良さはいうまでもなく、ボリュームもずっしり。

1407maru-01

迎え撃つスープは、こだわりの土佐ジローのスープに魚ダシを効かせたあっさりでいて味わい深さが印象的!
締めはやっぱり、スープ割りにしてスープを堪能した後にご飯割り♪

最後の最後まで美味しいつけ麺。
食べ応え十二分!


「拉麺・食工房 まる家」
高知市春野町内ノ谷1178
☎088-842-0890 
11:00~OS21:30 
水曜、第1、3火曜休み 
P有り

★高知のラーメンを究め抜いた極めつけの一冊「究極のラーメン」でもご紹介しています!

玉華園

とうとうやってきた「玉華園」さん。
美味しーおいしーとはずっと聞いていた。

期待に胸のを膨らませ私がオーダーしたのは「ワンタン麺」。
目の前に登場したのは、澄み渡ったスープに、
透明感のあるつやつやっのワンタンがひらひらと泳ぐべっぴんな一杯。

1407gyokkaen-01


まずはスープ。
ん~~~、あっさり優しい味わいながらも、しっかりとダシが効いている。
続いて麺。
喉越しの良いストレート麺はもっちり食感がスープとよく似合う。


1407gyokkaen-02

そしてワンタン。
皮の向こうにお肉が見える透明感がフレッシュなイメージ。
する~と喉を通り抜けるような滑らかでいてもっちりな食感には感動せずにはいられない。

1407gyokkaen-03

さらに、チャーシューの美味しいこと。
しっかりとした厚みと食感を残しながらも、全くパサつきがなく、噛みしれば旨味が口に中にじんわり染渡る。正直、この手のチャーシューは私の得意分野ではなかっただけに、いい意味で思いっきり裏切られた。
しかも脂身までもがまったく嫌みが無い。
チャーシューに抱いていた私の38年の常識が覆された瞬間…
メンマも言うに及ばず、特有の臭みがまるでなくオイしすぎた!


何十杯と食べて来たけれど、一杯のラーメンにここまで感動を覚えたのは、きっと初めて。
手づくりの優しさに溢れる愛情一杯のラーメン。
何度でも食べに来たくなる味です。


「玉華園」
高知市愛宕町2-22-15
088-822-5398
11:00~15:00、17:00~21:00
月曜休み


★高知のラーメンを究め抜いた極めつけの一冊「究極のラーメン」でもご紹介しています!

TABI食堂

2週間限定で「TABI食堂」オープン。
その名の通り、旅する食堂。
今回は、「terzo tempo」さんでの限定開催。
シェフは、東京から四万十へと移住してこられた、ささたくやさん。


メニューは、全て加熱をしないRawFoodと発酵のご飯。
Rawとは、つまり生。
RawFoodは、火を使わず食材の酵素が生きた状態のままいただく菜食のお食事のことだそうです。
高知では珍しいですよね。

メニューはこちら。

1408tabi-04

とうもろこしと甘酒のポタージュにはじまり…

1407tabi-01

ズッキーニのパスタ・カシューナッツ和え
亜麻仁のクラッカー
すもものドレッシングサラダ


1407tabi-02

さらに…
にんじんとトマトのブリトー生地
豆乳ヨーグルトチーズ
ズッキーニバジルソース
ドライトマトのフェラフェル

とっても彩り鮮やかでいてヘルシー。
そして時折スパイシーな美食。

普段は味わえない、素敵な美味しさを体感しました。


「TABI食堂」
http://tabi-kutu.namaste.jp/

来来亭

前回、定番ラーメンをいただきましたゆえ、
今回は話題の「葱ラーメン」。
器に山盛りのネギ!

1407rairai-01

これが輪切りではなく、縦に細くカットしたロングスタイルで、私ビックリ!
こんな風にネギをいただくのは初めてです。
あまりの豪快な提案に、少々ためらいながらもいざ実食!
麺と一緒にズルズルといただきますと、
麺のもちっと、ネギのしゃきっがコラボして、これが意外にいけるんですね。

1407rairai-02

ネギがかなり主張してくるかと思いきや、スープでしんなりして良いあんばいでいただきました。
なんだか栄養もしっかり摂取した気分になって完食!

ちなみにチャーシューも細く刻まれてて。
細かいところまでこだわり尽くしです。
これは、革新的!


「来来亭 高知店」
高知市杉井流18-7 
☎088-883-2078
11:00~24:00
無休 
P有り


★高知のラーメンを究め抜いた極めつけの一冊「究極のラーメン」でもご紹介しています!

あじ屋

久しぶりに来店しました「あじ屋」さん。
お昼時とあって店内は満員御礼。
大将の軽快なトークは相変わらず、ラーメンの美味しさも健在でした!

1407ajiya-01


背脂系のラーメンが人気を呼んでますが、
ここの中華そばは、10年前から背脂とスープが程よいハーモーニーを奏でております。

1407ajiya-02

しっかりとした出汁に隠し味が効いた独自の味は、他では食べられない唯一無二の味。
麺は程よい弾力のストレート卵麺。
薄切りチャーシューも食べやすくって、脂身と赤身のバランスが絶品!

1407ajiya-03

初めて食べたときの感動を今でも忘れません。
麺通なら知る人ぞ知る穴場店。
一食の価値ありです!



「あじ屋」
高知市春野町芳原2569-1
☎090-3787-2322
11:00~19:00
月曜休み
P有り

★高知のラーメンを究め抜いた極めつけの一冊「究極のラーメン」でもご紹介しています!

風ぐるま

編集部より北へ車で10分、万々商店街入口にある「風ぐるま」へ念願の来店。
お目当ては、やみつきラーメン(770円)。

1407-kazaguruma-05

そのネーミングからも正体が気になるところですが、
「背脂たっぷりな塩ラーメン」ということろまではリサーチ済み。
塩×背脂、高知ではちょっと珍しいですよね~

1407-kazaguruma-02

そして、いざ目の前に。
見るからに背脂たっぷりで美味しそう~
ビジュアル的にまずヒット!

そして気になるスープですが、
これがこれが想定以上に美味でして。
塩でこってり、というのはレアじゃないでしょうか。

1407-kazaguruma-04

こだわりの自家製麺とも相性がとてもよく、脇役も大健闘。
餃子も「屋台風」でカリッといけちょりました。


1407-kazaguruma-03

Y氏が目の前で食べていた「しょうがラーメン」も
結構しっかり生姜味で好印象。
Y氏も非常に満足気にスープまで完食!

いや~、改めて
近頃のラーメンは奥が深い!!


「風ぐるま」
高知市八反町2-12-19
☎088-822-9204
11:00~21:00
無休
P有り

★高知のラーメンを究め抜いた極めつけの一冊「究極のラーメン」でもご紹介しています!
banner_honshi.jpg

プロフィール
最新コメント
QRコード
QRコード