2014年12月

のんき亭

南はりまや町の路地裏にある「のんき亭」さん。
お魚の美味しい知る人ぞ知る穴場店。

1501nonki-03

高級魚・ハモの刺身や貝盛り、酒盗などを肴に
日本酒を飲んだ飲んだ~

1501nonki-02

かなり魚介メニューには力が入っている
高知の居酒屋の代名詞のようなお店。
県外客と来店するのにも、普段使いにもかなりお薦め。

べろべろの神様パワーか、酒肴パワーか、
とにかく宴に華が咲きまして、飲んだ飲んだ!

1501nonki-01

これが噂のべろべろの神様のミニフィギュア。
作者であるデハラさんにお借りしてパシャリ♪
宴席において、これほど絵に成るフィギュアが他にあるでしょうか。
あまりの愛くるしさにテンションは最高潮!
正式なお誕生日は、土佐の「おきゃく」2015の開幕日となる3月7日(土)。
中央公園にご神体が登場する予定。
乞うご期待!

ご利益は「楽しくお酒が飲める」
正直な神様でお酒呑みの方へ赴きます。

この夜は、たっぷりすぎるご利益をいただきました。


「のんき亭」
高知市南はりまや町2-1-29
088-884-0568

すず木

1501suzuki-01

ランチに訪れた寿司処で出会った極上丼。
早朝にとれたばかりの、生どろめちらし!!
とれて数時間のどろめがシャリの上にたっぷり。
これが美味しくないわけがない。
どろめ1本1本が存在を主張。
ピンピンに立っています!!!!

1501suzuki-05

こんなどろめは生まれて初めて食べました。
醤油なんて必要ないくらい美味!
スダチを絞って大将自慢の赤シャリと頬張ると~
シャリっとした食感と海の香りがふんわり。
お魚そのもののフレッシュなうまみが口いっぱいに溢れんばかり。
特有の臭みなんて全くない!

大将いわく、ランチだからこの鮮度で提供できるとか。
どろめはあしが早いため、夜にこの鮮度を保つのはどんな職人であろうと無理のようですね。
高知市内でこの鮮度のどろめに出会えるなんて~
しかも850円という手軽さ。


1501suzuki-03

一緒に訪れたY本氏は、
贅沢な「特選海鮮ちらし」をオーダー。
満面の笑みを浮かべ「うまい」「うまい」を連呼しながら頬張っておりました。
そりゃ、そうですよね~
お値段、2000円。
いずれもランチだからの特別価格で提供中。


「寿司処 すず木」
高知市本町2-1-3
088-856-7666

Emu


豪邸の扉を開けるとそこは夢の国。
シャンデリア輝く店内では、とっても紳士なスタッフさんが、高級ホテルのボーイさんを思わすような接客でお出迎え。来店しただけで気分は優雅に。

1412emu-01

ホットサンドセット(650円)をオーダーしてモーニングタイムスタート。
ホットサンドセットなのに、おむすびが付いてくる当たりが高知らしいですよね。
朝からエネルギーチャージは満タン。


さらに贅沢なモーニングタイムを楽しみたいなら、パリの朝ごはんセット(750円)がお薦めだそうです! 「すごいボリューム」らしいの心してオーダーを。

そして帰り際。
お見送りの言葉は、「ステキな休日を…」。
もう気分はすっかりステキになってますけど♡
ありがとうございます!


「Cafe Boutique Emu」
高知市寿町7-1 
☎088-855-8352
9:00~OS18:00 、土日祝8:00~OS20:00

一柳

「一柳」さんで出会ったとってもキュートな逸品「フランス産ウズラのファルシィ」。

1412ichiryu-05

ウズラが丸ごとがとってもチャーミング♪
とってもユニークな被写体にございます。

1412ichiryu-03


さらに、ナイフを入れると…
たっぷりのライスが詰まっているではありませんか!

1412ichiryu-02

ライスにはもちろん、お肉の旨味がたっぷりと染み込んでます。
赤ワインの美味しさを助長させるナイスな一皿。

こちらアングル違い♡
ちょっぴり、恥ずかしい♪

1412ichiryu-04

サラダもとっても大胆かつ贅沢な盛りっぷり。
新鮮シャキシャキ。白身魚も所々で、プラスαーの美味しい演出。

1412ichiryu-01

味わいだけじゃなく、見た目にも美味しいディナー。
女子好みなお店です♪


「ブラッセリー 一柳」
高知市はりまや町3-5-16 
☎/088-856-6335 営/12:00~14:00、18:00~24:00 
火曜休み
 ※月曜はランチタイムは休み

八千萬ず

11月にオープンした囲炉裏料理のお店。

1412yachiyorozu-05

生きの良い海鮮を一品から炭火でパチパチ
しっぽりまったり、いただけるとあって、
魚貝好き、酒好きに評判。

1412yachiyorozu-04



くわえて、12月2日からはランチがスタート!
これが豪華絢爛で注目の的。

1412yachiyorozu-02

「海鮮宝盛り丼」と名付けられたこちらの丼飯には、
なんと溢れんばかりの海鮮が!
日替わりで鮮度の良い魚貝が盛られ盛られて迷い箸の連続。
その日の仕入れによって変動するものの、
これだけのって1900~2200円。
赤字覚悟だそうです…
そらそうだー(汗)


1412yachiyorozu-03

さらに、10週類の天ぷらが器からはみだしまくった
「はみだし天丼」もド迫力!!
エビ天を主役に、野菜天が海鮮天ぷらが華を添える。
こちらは1600円。

そのほか、ランチは1280円〜
昼間っから贅沢にも囲炉裏焼きを楽しむ
海鮮囲炉裏焼き定食や、おけ盛り定食、瓦盛りいなか皿鉢などもあります!

1412yachiyorozu-01

とにかく鮮度バツグンにつき、
海鮮好きにモテモテ♪
おいしー連続に胃袋はもう大変。
少食のかたは「海鮮宝盛り丼」「はみだし天丼」にはご用心!
そうとうお腹を空かせて来店をー



「囲炉裏めし 八千萬ず」
高知市神田2068-63
088-855-4535
11:00〜15:00、17:30〜22:00
※土日祝の夜営業は17:00〜
不定休
P20台

カレーな龍馬さん


高知では唯一「淡路島カレー」を提供する「カレーな龍馬さん」へ来店。

1412curryryoma-01

定番メニュー「淡路島スタウトポークカレー」を差し置いて、期間限定メニューを頂きました。
とっても個性派!


淡路島 秋の味覚ホワイトソースカレー。
さらに、贅沢にもかきの唐揚げをトッピング♪

1412curryryoma-02

ちょっと欲張り過ぎたかしら。
広島県産の牡蠣が見事にた~っぷり。
さすがに想定以上の数にビックリです。
カレーはこくまろ~
タマネギがたっぷりとけ込んでいるようで、まろやかさが際立ちます。

トッピングは他にも、ビールでトロトロになるまで煮込んだ 豚肉やトマトで煮込んだ豆類など。
他店では味わえない、ユニークなカレーに出会えます。



「はりまや天 カレーな龍馬さん」
高知市はりまや町1-8-10
☎088-854-7117
11:30~15:30、17:30~20:30
月曜休み

ハイビスカス食堂

土佐清水取材の道中に出会った「ハイビスカス食堂」。
大岐の浜の目の前にある、サーファー姉さん営むカフェ食堂。
今年オープンしたそうです!

1412haibisukasu-03

なんでもサーフィンが好きで香川県から移住してきたそうで、
今年はこの日が営業最終日で、春まで冬眠するとのこと。

1412haibisukasu-02


そんな記念すべき日のランチはタコライス(700円)。
お肉、チーズ、トマトソース、サラダ、色んな味をコラボした一皿を
豪快にミックスして美味しくいただきました。

1412haibisukasu-05

冬眠中にピザ窯を作って焼きたてピザを提供する予定だそうです。


来春、出会えるのを楽しみに…
シーユーアゲイン!




「ハイビスカス食堂」
土佐清水市大岐2363
080-1996-3637
banner_honshi.jpg

記事検索
プロフィール