2016年03月

久礼野茶房



「久礼野茶房」さんで田園風景を眺めながら、和食ランチ(1300円)。

1604kureno-01

この日のメインディッシュはハンバーグ♪
トマトソースとタルタルソースを2色使いしたオリジナル。
お肉との相性、ピカイチ☆

1604kureno-03

サラダと煮物と一緒に美味しくいただきました。
食後はケーキとコーヒーをいただきながら、のほほーんとするのがここの醍醐味。

1604kureno-02



北環状線から土佐山方面へ、車を走らせること約10分。
そんな近所でであえるのどかな景観、静かな時間にすっぽり癒されます。
ほんのちょっと足をのばせばすぐそこ。
普段よりちょっと贅沢するのにおすすめ。



「CAFE&DINING 久礼野茶房」
高知市久礼野427-3
088-855-7018
11:30~14:30
※土日は9:00~11:00も営業
※ディナーは完全予約制
水曜休み
P有り

felille bois

創業107年の伝統を誇る老舗の豆腐屋「下田食品」さんの一角にある小さなお店。

1605felile-04


店内のガラスケースには隣の工場でつくった豆腐や厚揚げ、
店頭には大豆のお菓子や醤油に加え、アクセサリーなどの販売も!

1605felile-03


中でもおすすめは、隣の工場直送の「濃厚まったりおぼろ」。
口の中でとろっ〜と大豆の旨味が溢れる!
べっぴん女子には外せない逸品。

1605felile-05


さらに、ぜひ試してみて欲しいのがコチラ!
シュークリームのようなコントラストが印象的な「たま 厚」。
ちょっと珍しい、卵豆腐の揚げ出し!

1605felile-01

これがたまらず美味い!!
醤油をつけずそのまま食べて、そのものの味をあじわっていただきたい。
一度たべるとハマる女子多し♪


豆腐好きにはたまらないお店です☆

★DSC02222


「felille bois」
高知市土居町6-1 下田食品内
☎088-831-5028
9:00~16:00
水曜、日曜休み
P有り

100円パンが並ぶなか、レジ前の冷蔵庫でさりげなく売られているコチラ。
そう、みんな大好き、シュークリーム♪♪

1605kanade-01

いい感じにフワッと外は香ばしく焼き上がったシュー皮、
中には自家製カスタードクリームがたっぷり。
身体に優しそうな、フレッシュな味わいはパン屋さん力作とあって本格派☆

もちろん、これもお約束の100円なんですが、
なんと2個100円!!!!!!

1個50円という価格に驚いた~
たまげた~
知らなんだ~~

これは相当、お得な美味!
スイーツ女子もスイーツ男子も要チェック♡♡♡♡


他にもいろいろ美味しいよ。

1605kanade-04
1605kanade-02
1605kanade-05
1605kanade-03





店の前の自販機までジュース100円!!


「ふわふわパン工房 奏」
高知市北本町4-2-49
☎080-6378-4590
月~金8:30~17:30
土10:30~17:30
日・祝休み

あおぞら食堂

別名、「太っ腹食堂」と言うべきでしょうか。
とにかく、大ボリュームに驚きます。


1604aozora-01

日替わりランチなんて、650円でその食べ応えたるや横綱級!
岡豊高校の近くとあって、高校男子の絶好の昼飯スポット。
しかも、学割まできくってんだから、通わないわけがない!!

覚悟のうえで来店しておりましたゆえ…
「ご飯少なめで…」と付け加え、日替わりを注文したものの。。
登場した瞬間、唖然。
「これ、本当にご飯少なめですか…?」と再確認してまったわたくし。
「これでも半分くらいにしましたよー(笑)」と店長さんは満面のスマイル♪
呆然とする私に、無理なら残して下さいね~と優しいフォロー。

1604aozora-02

ボリューム満点なのは、ご飯だけに有らず。
お肉におかずまでとにかくスゴイ。
女子の胃袋にはちょっと難易度高め。
大食漢の男子と一緒に来店しましょー!

さらに、「よくばり定食」なるワンランク上の定食もスタンバイ。
快くまでモリモリ食べたい男性諸君はぜひ一度来店を。

1604aozora-03


「あおぞら食堂」
高知市大津甲682-1
☎088-866-0262
11:00~15:00
日曜休み
P有り


4月号のランチ特集でも紹介してます!

014-015-ランチ特集

Sendo

街ランチにおすすめのダイニングがオープン!
電車通りを見下ろしながら、ぼけーっとゆるーいランチタイムが過ごせる。

1604sendo-03


野菜、お魚、お肉がバランス良く取り入れられたランチは
少しずついろいろとちょこちょこ食べたい
女性好みな1プレート。

1604sendo-01

汁もの、生もの、煮もの、揚げもの、焼きもの…
と調理方法も少しずつ変化をさせて手間ひまかけられてます。
食後はドリンク&デザート付きで1000円。

カウンターもテーブルもソファー席もあって
一人ランチから女子会まで幅広いシーンで使えそう!
これは、女性をメインに人気を集めそうな予感☆

夜はバル営業。女子好みなフード&アルコールが充実しているので、
女子会に重宝すると思いますよ。




「土佐地Baru Sendo」
高知市本町1-2-1 2F
☎088-873-5077
11:30~14:00、17:00~24:00
不定休




ほっとこうち4月号のランチ特集でも紹介しています!!

4月号表紙



TRITON

現代企業社の新店が、「ネレウス」のすぐ南にオープン。
グループの中でも一番のオオバコ。
敷地内には芝生が敷かれ、エントランスをくぐると、併設されたパン屋さんからかぐわしい匂い♪
鉄骨と木材を程よくミックスさせた空間には、
ガラス張りの中庭を囲んで、アンティーク調のテーブル席、
窓側には個室、その他にもゆったりとしたソファー席などが優雅に配されている。


1604toriton-02

その開放感とインテリアへのこだわりは、もはやレストランの領域を超えてます。

そんな噂の新店は、オープン以来、客足が途絶えることを知らず、
ランチタイムともなれば店内入口には順番待ちの列。

フードメニューは「農園レストラン」と言うだけあって、
地元の農園より調達。

1604toriton-01

例えば、私が注文したメニューには
四万十ポークのひき肉を使ったミートロフ、
パスタのモッチリ生麺は、30%が高知県産の小麦粉を使用。
モッチリピザは、TORITONオリジナルの黒米入り。

こちら、ミートローフのせボロネーゼスパゲッティ(1200円)に
イタリアンセットをプラス(600円)。


「農園レストラン TRITON」
高知市大埇乙847-1
088-856-5312
9:00~23:00

SO-AN

家族でパエリア、6人前!

菜の花がのった春仕様♡

1605soan-01


最近のヒットメニュー「牡蠣のアヒージョ」。

1605soan-02


74歳の父が気に入った様子で、
近頃、母のリピートメニュー♪


「多国籍料理SO-AN」
高知市宗安寺844-4
088-884-6848

鈴木食堂

近頃、近所でラーメンをよく食べる。


こってりな気分のときはここ。
「鈴木食堂」さん。
これでもかといわんばかりの揚げニンニク!
私は味噌でニンニクをいく。
このコンビがかなりいい☆

1605suzuki-01


「鈴木食堂」
高知市城山町199-3 コーポ城山1F
☎088-834-3323
11:30~OS15:00、17:30~OS22:00
無休
P有り

ジュノン

続、喫茶店鉄板グルメ物語♪♪♪

ぱっと見、オムレツにも見紛うコチラ。
ヤングプラザの「ジュノン」さん特製のそばめし!

1604jyunon-01


鉄板のプレートに入ってジュージュー音を立てながら登場♪
半熟卵にスプーンを入れると…
お焦げまじりのそばめしが姿を見せる。

熱々をハフハフ。
鉄板グルメのお約束♪
これだけでテンションが上がる!

1604jyunon-02

半熟卵と香ばしいお焦げと絡めながら頬張るのが醍醐味。
高知の喫茶店はクオリティが高い…
改め感じて、ありがたいなぁとしみじみ♪
高知の喫茶文化恐るべし。
奥が深すぎて、日々新発見の連続です。



「カフェレスト ジュノン」
高知市北本町4-4-23 ヤングプラザ1F
088-884-5721
7:00~17:30
第2日曜休み

すみれ



喫茶店ながら、元ホテルシェフが提供する料理は「美味しい」と評判で、
一度、行ってみたいと思っていまして。
喫茶特集への掲載を機に念願の来店!

こちら、とろとろオムライス♪
ネーミングのごとくケチャップライスの上には
見るも美味しそうな、たっぷりの卵。
その周りにはたっぷりのデミソース。

口の中でまろやかにとろける卵、
そしてその美味しさを助長させる濃厚なデミグラスソースの味わいは本格派♪

1502sumire


と、ここまではよくあるグルメネタですが、
なんと… それがワンコイン。500円で食べられてしまうのが「すみれ」さんのすごいところ!!

その他も、
モーニング350円~、定食550円~という良心価格。
給料前でも気にせず行けるありがたいお店。

次回は久しぶりに復活した「ナポリタン」を食べる!
お楽しみに~~



そして後日…
今日はナポリタン♪

熱々の鉄板からもうもうと湯気を上げながらのおな〜り。
迷わず熱々を頬張れば、美味しさと熱さにテンションが↑↑↑↑↑

フォークを入れるたびに湯気がもうもうと立ち上がり、熱々感が持続。
濃厚な特製ソースとこだわりの平麺…
互いに引き寄せ合うこの密着感を助長するかのように、鉄板がじゅ〜じゅ〜!

★DSC01799


オーナー肝いりの一皿。
かなりの食べ応えです☆



「すみれ」
高知市二葉町14-33 スカイパレス1F
☎088-874-1169
 7:00~19:00
水曜休み
P有り
banner_honshi.jpg

記事検索
プロフィール