ラジオ

プライムトーク

プライムトーク、今回のゲストは伊藤かずえさん似のとっても美しい女性。
「高洋真珠」の専務取締役・藤島薫さん。
お名前も女優さんみたいで、とても花のある方です。
商品でもある真珠のアクセサリーを付けている姿が色っぽくって。
真珠ってこんな使い方があったんだぁと、改めて真珠の魅力を感じた私。
真珠には、とっても清楚で厳かなイメージを勝手にいただいており、
私のキャラじゃないやって思っていたんですが、藤島さんの真珠使いを見ていると、
真珠のイメージが一掃。粋な印象すら受けました。
黒髪の日本人女性には、白い真珠って映えるんですね。真珠を身近に感じました。

koyo.jpg

真珠に囲まれてお仕事をされている藤島さんですが、
お休みは月に一度くらいしかとっていないと言います。
私より断然ハード!
それなのに、本当にイキイキしてらして。仕事の疲れをまるで感じさせないんです。
これって、真珠パワーの賜物でしょうか(笑)

女性にとって美しく装うというは、大切なパワーの根源だなぁと改めて感じた今回の収録。
年齢と共に、化粧や服装に手を抜きがちになっていた私は、
「これじゃいかん! 女を生きよう!!」、そう胸にちかった♪
いつまで続くことやら……(汗)


藤島さんがゲストのプライムトークは
11月9日と26日の11;30~
FM8.16にて

プライムトーク

今回のプライムトークのゲストは、ご兄弟。
南国市にある「土佐キムチ」の代表・米倉正浩さんと、スタッフの高橋万有美さんです。

tosakimuchi.jpg

白菜、大根、きゅうり、ナス、キャベツなどの野菜キムチから、
イカキムチ、タコキムチ、チャンジャ、イカ墨キムチ、
チャプチェ、ナムル、ビビンバ、冷麺まで、色んな商品を作っていらっしゃいます。

中でも、驚きなのが「桃キムチ」。フルーツの桃ですよ桃♡ 
そんなものがキムチになっちゃうとは… カルチャーショック! 



続くゲストは、これからの季節大活躍! 

総合音楽制作の「株式会社レコー」より、専務取締役の平井麻記子さんの登場。
よさこい祭りをはじめとする、各種イベントの音響から、
CM制作、CD制作、プロミュージシャンの育成・支援まで、幅広いお仕事をされています。

riko.jpg

そんな平井さん、クラリネットの奏者でもありまして、その活動範囲は多岐に渡ります。
ある時は会社の取締役として、
ある時はクラリネットの奏者として、
またある時は大学の非常勤講師として、
はたまたある時は母として女性として、
まさに人生を謳歌していらっしゃいます。

多くの視点から音楽に携わってきた平井さんの着眼点の鋭さ、
常に音楽に携わる色んな立場の方を見る視野の広さは、さすが。
音楽って正直、未知の分野なんですが、
平井さんを通じて「音楽の意義」のようなものをリアルに感じることができました。
ありがとうございます。


平井さんがゲストのプライムトークは、7月16日と23日です。

プライムトーク

プライムトーク、今回のゲストは「野っぱら工房」の桑鶴太郎さん。
「野っぱら工房」さんは、佐川町で天然酵母を使用した無添加のパンや、
地元の食材を生かした地産地消パンを製造販売しているパン屋さん!
毎日朝早くから、パンを作り、そして販売していらっしゃいます。

kuwazuru.jpg

桑鶴さんの営業の基盤は、サラリーマン時代に培った、ドア to ドアの訪問販売。
それが、パン屋にも生かされていると言います。
「パン屋で訪問販売?」って意外ですよね~
ですが、桑鶴さんは開業当初、訪問販売1本でスタート。
その人気が少しずつ広まり、今ではサンシャイン佐川店に内に店を構えていらっしゃいますが、しかし、今だに訪問販売は止めること無く続けていると言います。

訪問販売って、なかなか勇気がいることですよね。
それを「楽しい」ってサラッと行ってのける桑鶴さんは、
やっぱりたたもんじゃないな~と感じます。
「お客さんの喜びの声もご指摘も全てダイレクトに伝わってくるからこそ楽しい」
と語る桑鶴さん。
ココまでお客さんとの距離が近いパン屋さんは、
滅多にないじゃないかなぁ~


桑鶴さんがゲストのプライムトークは
6月18日と25日の11;30~
FM8.16にて

プライムトーク

プライムトークの収録がありました。
今回のゲストは、室戸より来ていただきました!
「高田乳業」の4代目・高田隼人さん。

takata1.jpg

創業100年を迎える老舗メーカーさんで、
今でも当時と変わらぬ、牛乳瓶で販売中~
ご覧の通り、瓶に紙のフタ、
そしてギャザーのかかった透明のフィルムが印象的。
懐かしーですよね。

最近のレトロブームでこんな瓶に入れて販売しているメーカーもありますが、フタがプラスチックだったり、瓶が無地だったりと、もどきが多いです。
高田さんところのは元祖! ホンモンです!!

しかも、今もお宅を1軒1軒廻って手配りしているようで、
私、郷愁を感じずにはいられません。

そんな高田さんですが、
仕事以外にも、色んな活動をしておりましてとにかく多彩。
「こうち元気者交流会」に
「室戸を元気にする実行委員会」
「NPO法人 室戸ドルフィンプロジェクト」
などなど、とにかくビックリするくらいの数の活動をしております。
室戸では知らない人はいないと思います。

腰の重たい私としては感心しきりで。
「室戸の日(6/10)」認定記念に、
歌の作詞作曲までしたそうで。
題して「ソング室戸」。
ラジオから聞こえてくる日が楽しみです♪


放送は、毎週金曜日11:3.0~ FM8.16にて
林さんの放送日は、6月4日、11日です。
お聞き逃し無く!

プライムトーク

プライムトーク、今回のゲストは、馬路村よりお越しいただきました。
コニュニティセンターうまじ「馬路温泉」の心配人・林義人さんです。

パチパチパチパチ♪

「心配人」というこの肩書き、決して変換ミスでも、
心配する役職でもございません。
今から6年前、まだ20代で支配人に就任することになった林さんに、
「支配する人」という役職はどうもしっくりこないと、
「心を配る人」と書いて心配人(しはいにん)という、
肩書きを恩師が下さったんだとか。
なるほど、心温かい林さんにピッタリの肩書きです。

umaji.jpg


実は林さん、私と同じ昭和50年生まれ~♪
何だかそれだけでも親近感を持ってしまう私でしたが、
飾りっけがなくてオープンマインドで、
とにかく初めて会ったなんて緊張感をまるで感じさせない、
とっても気さくな方でして。
お話もドンドン弾みます!

生まれも育ちも馬路村である林さん特有なんでしょうか。
林さんを取り巻く、馬路の人達や、風土の素晴らしさが
ありありと伝わって来まして。
あったかい気持ちをたくさんいただきました。


そんな林さんですが、「湯けむりピンポン」や「バラ風呂」など、
ユニークな試みをたくさん企画。
どうやら、「女性を喜ばせる」のが得意のようで、
そんなナイスセンスから、多く人達が馬路温泉に訪れております。
現在、バラ風呂のポスターモデルを募集しているようで、
年齢を問わず応募があった方全員がポスターにのるとのこと。
もちろん、女性限定です!
バラ風呂は、5月、6月の毎週金曜日と、8月から3月の毎月1日実施中!


私もバラ風呂はいりたーい☆



放送は、毎週金曜日11:3.0~ FM8.16にて
林さんの放送日は、5月21日、28日です。
お聞き逃し無く!

プライムトーク

プライムトーク、今回のゲストはコチラ!
高知市のど真ん中にオープンして話題を呼んだ「TENCOS」を運営する
「株式会社まこと」の代表取締役社長・山岡美和さん。

何とも、元気でパワフルな女性。
いかにも、生粋のはちきんといったお人柄が印象的!


tencos1.jpg


山岡さん率いる「株式会社まこと」は、
高知市中心商店街の若手グループが設立した、
街おこしのための会社。
山岡さんの商店街への思いは半端ナク、
それはそれは100人力!!


「商店街にぞっこん☆ 恋いこがれてます☆☆」
と語る山岡さんの目は、まさに恋する乙女の眼差し♪
その商店街を元気にするための足がかりとなったのが、ショップ「TENCOS」です。
このお店の繁栄に向けて大奮闘中なワケですが、
とにかく、寝ても覚めても仕事のことが気になって仕方ないらしく…
この半年、ほとんど休んでないんだそうです。
恋する商店街が、TENCOSが、気になって気になって、
結局、街へと足が向いちゃうんだとか。
いやはや、感服です。
「なかなか振り向いてくれなくて~」と漏らすその表情も
キラキラ輝いていました。


山岡さんにとって、街おこしという仕事は恋愛同様。
だって、商店街が恋いこがれる彼氏みたいなもんなんですから。
仕事を恋愛だと捉えると、世の女性の多くも、仕事が楽しく仕方なることでしょう。
何事も発想の転換ですね。
とてもいいお話を聞かせていただきました♪


プライムトーク、放送は毎週金曜日の11:30~ FM81.6にて。
山岡さんご出演は5月7日と14日の金曜です。

プライムトーク

大御所ゲスト続きのプライムトーク。
宮地電機の宮地社長から繋がれたバトンは、
サニーマートの中村社長へ、
そして四万十ドラマの畦地社長へ続きました。
高知で大活躍中の3社長ゆえ、スケールが違います!



まずは、今年で創業62年を迎えた「宮地電機株式会社」の代表取締役社長・宮地貴嗣さん。高知はおろか日本を飛び出し、グローバルに活躍されております。


肩書きとは打って変わってとにかく気さく!!! 
というのが第一印象。撮影だって3人揃ってグ~

miyaji.jpg

収録前からスタジオ中にとって~もあったかい空気がながれておりまして、終止穏やかなムードでの収録♪ 
それもこれも、宮地社長の人柄の賜物。


もちろん、仕事に対する姿勢も例に漏れず。
「人に幸せになってもらうことが全ての原点。お客様にも、社員にも、いかに喜んでもらえるかを常に第一に考える」というコメントには、感銘を受けました。
お客様にも、「社員にも」。ですよ…
お客様に喜んでもらうことを… と頑張っている方は大勢いらっしゃると思いますが、そこに社員が加わっているところが宮地社長のひと味違うところじゃないでしょうか。


話を聞いていて純粋に、一消費者として、宮地さんのような方が作る商品なら買いたい!って感じさせられました。
こういう会社にこそ、大切な愛娘をお願いしたい! と思う母は私だけではないはずです。




続きまして、「サニーマート」の代表取締役社長・中村彰宏さんの登場です。
県内では有名すぎるほどの大手企業。ドキドキです。
高鳴る鼓動をおさえつつ、待ちに待った収録当日………

なんと私、不覚にも収録を前に風邪をこじらせてしまい、
なんと、収録を前に声が出ない、という緊急事態に!!!
ハスキーボイスを通り超して、ニューハーフ顔負けのセクシーボイスに陥ってしまい。
残念ながら、中村社長の収録は、前任の編集長・元吉にお願いすることに(涙涙涙)


sany.jpg

その収録の中では、普段は聞けないこんな話があったそうです。
現在、400人以上の社員を率いる中村社長にも、
一社員としてスーパーで下積み時代を過ごしたことがあります。
その時のこと。

ワインを買ったおばあちゃんがから、
サニーマートでの買い物後「サニーマートで買ったワインのフタが開かない」とスーパーに電話があったそうで。
なんと、中村社長、自宅までワインのフタを空けにいったと言うんです。
一人のお客さんのためにそこまで… 
読者のためにそこまでできるんだろうか、と考えさせられました。
中村社長のその行動には、頭が下がるばかりで、人としての懐の広さを感じずにはいられなかった。


今や20店鋪以上を展開しているサニーマートですが、
「無条件、返品・交換サービス」を徹底していると言います。
中村社長のエピソードからもあるように、
お客様一人ひとりを大切にする姿勢は、「さすが」の一言。
そういう姿勢こそが、サニーマートの根本にはあるんだ、
としみじみ感じた次第です。
そんな中村社長の夢の一つ、それは…
「高知のいいところの理由の一つが『サニーマートがあるから!』になれば嬉しい」
なんだか、高知県民への愛情が感じられて幸せな気分をお裾分けいただきました。
私もお会いしたかったな~



そんな中村社長がバトンを渡したのは、
「四万十ドラマ」の代表取締役・畦地履正さん。
道の駅ではぶっちぎりの来場者数を誇る「道の駅とおわ」をはじめ、
「しまんと緑茶・紅茶・ほうじ茶」、「四万十栗の渋皮煮」、「四万十のひのきシリーズ」、「新聞バッグ」など、四万十の素材を使った斬新な商品が全国各地から注目を集める、まさに時の人! 
その活躍は、農林水産省・経済産業省選定「農商工連携ベストプラクティス」にも選ばれたほど。


shimanto.jpg



収録を心待ちにしていた私は、
お会いして数分で、畦地さんの情熱にすっかり魅せられてしまい…
収録後には、すっかりファンになってしまいました。
人の心をグイグイ引き込むあのパワーはいったいどこから来ているんでしょう。
もちろん、トークも素晴らしいんですが、
その一語一句がとにかく情熱に満ちているです!
「失敗も多いんですよ」と語るその言葉までがエネルギッシュで、
「成功だけでなく失敗も楽しめるって凄い!」って心底、感激してしまいました。

お話している畦地社長は、本当にキラキラ輝いていていらっしゃいまして、
収録中に、思わず「付いてきます!」と口走ってしまったほど(笑)


宮地社長をはじめ、中村社長、畦地社長と、
3人の素晴らしい方に触れ、
「高知って素晴らしいな~」と改めて感じました。
人一人のパワーで、県の印象って変わるもんなのかもしれません。
私もそう思ってもらえるエネルギッシュな人間でありたーい!





「プライムトーク」
FM8.16
毎週金曜日11:30~放送中!

プライムトーク

プライムトーク今回の収録は、ゲストが2人。
番組初の2人組ゲストで、賑やかな収録でした。


南国市を拠点に活動するクリエイティヴ・ユニット「hygge(ヒュゲ)」のお2人。
デザイナーの和田裕之さんとフォトグラファーの長野自敬さん♪

hygge2.jpg

写真、映像、アートを使って、印刷物やウェブデザイン、建物の内装などを手掛けております。


あまり聞き慣れない、この「クリエイティヴ・ユニット」というワードですが、
あくまでも、○○○デザイン事務所でも、○○○会社でもない、
枠にとらわれない部分に2人の自由な世界観があるようでして。
「仕事だからやる」ではなく、あくまでも「楽しいことをやる」という、
スタンスを貫いているからこそのネーミング。
だんだか、私は大いに共感!
「今を楽しむ」ってのが、最近の私のテーマーなもんで。。


決してビジネス目的でなく、楽しいことをやるために作った2人1組のユニット。
だったのが… デザイナーとフォトグラファー、クリエイティブな2人ですから、
自然とビジネスにも繋がるようになってきた、というのが流れのようです。


2人のこだわり、作品共々、独自の世界観があります。
ぜひ一度、HP↓を覗いてみて下さい。自由な世界観が溢れています。
http://hygge.in/


hygge1.jpg

まぁ、息ぴったりのお2人で、ナイスコンビネーション☆★
仕事のみならず、プライベートでも常に一緒らしく…
同性愛説まで流れたほどだとか(笑)
もし2人が異性だったら… 間違いなく結ばれていたんでしょうね!!!
これからも、あうんの呼吸で、どんどん活動の幅を広げて行っていって下さーい。


好きなことを楽しんでいる人って本当にいいエネルギー出してますよね。
頑張ると楽しむ… この2つの両立がやっとこさできるようになってきたばかりの私には、
まぶしかったなぁ~


プライムトークの放送は、FM8.16 
2月26日(金)、3月5日(金)11時30分~です!

プライムトーク

プライムトーク、今回のゲストは…
「歩屋」の高橋歩美さん。
歩屋と言えば、カフェ好き女子なら知らない人はいないでしょうー。
本当にご飯もオイシーし、雰囲気も立地も癒し系で、私も大好きなお店。
私も何度となく取材でお世話になっておりまして、
歩美さんとは久しぶりの再会でございます!

hoya01.jpg


相変わらず、トーテッモ心地よいマイペースな空気を漂わす歩美さん。
そんな空気感にすっぽり包まれての穏やかな収録となりました。


アジアへの旅行中に食べたアジアン料理に元気をもらい、
「私も元気になれるアジアン料理を提供したい」と、
採れたてのお野菜や玄米を使った体に優しいお料理を
田園風景に囲まれる懐かしいムードの中、提供中でございます。


私は歩美さんの何気ないこんなコメントに非常に共感しました。
「具体的な夢はないけれども、
日々、目の前のことをコトコト大事に進めていくと、
先にはきっと何かが積み重ねっていることを願い
毎日店に立っています」

hoya02.jpg



ヴィジョンだとか、目標だとか、
もちろん大きな夢も野望も大切ですが、
「今」ほど大切なものはありません。
一日一日がめまぐるしく過ぎる現代社会だからこそ、
一日一日を味わいながら過ごすって大切な事を忘れがち。
私も締切に追われていると、つい先のことばかり考えて
今を生きていない自分に気付きます。

歩美さんのように、今を噛みしめて歩みを進めるっていうことを忘れちゃいけないなぁ…
そんなふうに思いを巡らせた収録となりました。

プライムトーク

娘、そして私のインフルエンザで「プライムトーク」も
4週もお休みをいただいてしまい、久々の復活!
みなさん、ご迷惑をおかけしました。

今回のゲストは、「橋本設計室」の代表・橋本健さん。
あの、7days hotelを設計した方です。
橋本さんの設計する建築物は、ホントオシャレで、
メディアに取り上げられた数も半端なく多いです!

hashimoto1.jpg


橋本さんの自宅が取り上げられた雑誌の誌面も拝見させてもらったんですが、
大きな窓にフロアの真ん中にオープンキッチン、真っ白な螺旋階段に、
計算し尽くされた収納スペース… ホント憧れちゃうほどステキ♡

そんなにお金をかけずとも1000万円代で素敵な家が建ちますよ~
とのこと。
えーーー、もっともっと高いと思ってだけに衝撃的~☆
設計事務所に頼むと、デザイン料みたいなのがプラスαかかって
めっちゃ高いとばっかり思ってました。

しかも、橋本さんのスタンスが本当に良心的で、
クライアントの描いている家を予算内で造るよう、
色んな角度から提案をして下さるんです。
安心してお願いできますよね~


橋本さんのアイディアはホント凄いです。
興味の幅も超幅広ですから、きっと引き出しの数が違うんでしょう。
読書一つとっても、少女漫画から、哲学まで、
そのキャパの広さに驚きます。
色んなもに興味を持ってワクワクできるってステキですよね。
こればっかりは、持って生まれた才能なのかなぁ… と思いました。


hashimoto2.jpg


ホント、ダンディーで素敵な方でしたよ。


詳しくは…
1月15日、22日のプライムトークをお聞きくださいね。
banner_honshi.jpg

記事検索
プロフィール