プライムトーク

今月、プライムトークに来てくれたのは、多彩なお三方でした~。
まずは、グラフィックデザインや広告デザインを手掛ける、デザイン事務所「d.d.office」の代表・吉岡綾子さん。

dd.jpg


デザインとは… という深~いお話を色々と伺い私、頷きっぱなし。
一般的にデザインというと、「色・形・文字などを使って表現すること」のように捉えがちですが、彼女は表現する以前、つまりデザインコンセプトを考える作業こそがデザインだと言うんです。
考えることがデザイン… なるほど、確かにそうかもしれません。
コンセプトがぶれてしまってはデザインの方向性もぶれる。企画がしっかりしていたら、自ずと表現方法は決まって来るものです。

そして何をもって考えるのかというところで「楽しむ」という視点を大切にされているとも言います。
例えば、商品のラベルやパンフレットを作るとき、「どの確度から見るとその商品が楽しいのか」ということをまず考える。「真正面から見たらつまらない商品でも、視点を変えて見てみると楽しい面が見えてくることがある」というのか吉岡さんの持論。
商品の楽しさを見い出すことそのものがデザインというわけです。

雑誌作りで言うところの企画とデザイン制作を一手に担っているといった感じです。
いずれにせよ、デザイナーには面白がったり、楽しんだりする幅広い視点、幅広い感性、そして何より「自由さ」が必要ではないでしょうか。これは私の持論ですが…
自由、まさに私の人生のテーマですーーー!

いや~、とっても感慨深い収録となりました。
私も、吉岡さんと非常に近い内容の仕事をしているので、共感する思いがたくさんでした。



次は、素材にこだわったお菓子を手作りしている、菓子工房「ル・セルクル」の代表・渡辺史子さん。
彼女の素材へのこだわりには頭が下がります。

serukuru.jpg


北海道江別製粉の「小麦粉」にはじまり、
南国市 田所養鶏場の「安心たまご」、
ブラジル産の「オーガニックシュガー」、
無添加の「純生クリーム」、
高知県産の「ジャージー牛乳」… 書ききれないほどです。

これだけ徹底したこだわりを持つ彼女も「楽しむ」を大切にされています。
「お菓子を通して作り手の思いが伝わるから、楽しんで作ることを意識している」と渡辺さん。
そのために、リラックスする自分のための時間や、ワクワクするようなチャレンジの場をしっかり持っておられます。
自分のケアが上手いなぁ… と私、感心しました。

仕事に対してこだわりが多ければ多いほど仕事に偏りがちになるものです。
でも、仕事に偏り過ぎても、趣味に偏り過ぎても、バランスって崩れてしまいます。
楽しみながら長く仕事と付き合っていくためには、自分自身のケアを忘れちゃいけない。私、我が身を振り返ると身につまされる思いであります。
 

さて、最後はお土産用のお菓子を製造している、有限会社「黄金堂」の代表取締役・大野 仁さん。

ogon.jpg


大野サンの多彩な趣味には、私、衝撃を受けました。
バイク、カメラ、写真、ギター演奏、楽器製作、自転車… 
まだまだ出てきそうな勢いで。
お忙しい中、どこにそんな時間があるのか不思議!!
大野さんは、観光客向けのお土産菓子の製造販売をされており、龍馬ブームの今年は、さらにお忙しいはず。

が、彼に言わせると「時間は作るもの」。

その通り! 

でも、私にはできないもんですから、本当にスゴイなぁと尊敬します。
なかなか仕事が忙しいと趣味がおろそかになるんです。
大野さんのオンオフの切り換えの潔さは、心から見習いたい。
好奇心旺盛、探究心旺盛な彼をお話を聞いていると、やっぱり人間として味わい深いんですよね。人間に幅があって、感性が豊かで。
「まじめに仕事をして、まじめに趣味に取り組む」、大野さんのそのスタンスに私も心から賛同します!

仕事も趣味も、色んな引き出しを持てる懐の広い人間になりたーい!
プライベートの時間をもっと満喫しよう… そんなことを胸に誓った収録となりました。



プライムトークは毎週金曜日11:30~
FM8.16にて放送中です!

その他の未分類記事