(No Title)

今回のプライムトークは何と、大御所「株式会社サニーフーヅ」の代表取締役社長・川崎卓巳さん。
サニーフーズをはじめ、びーたーぱん、CLUBSUNNYの社長も兼任されていらっしゃり、総店鋪数ざっと100店! それを統括しているのが川崎社長というワケです。いやはや、想像を絶します。

snnyfood.jpg

さすがの私も緊張感いっぱいでスタジオに訪れたのですが、
とっても気さくな方で。終止笑い声の絶えないとっても楽しい収録となりました。

そんな川崎社長より私が受け取った何よりのメッセージがコチラ!

「県外資本が入ってきても地元の企業には必ず生き残れる術はある」

いや~、本当に胸に響いたんです。
逆境を乗り越えてきた川崎社長のその言葉の重みを、私しっかり受け取りました。

高知のような地方ではどの業界においても、
県外資本の大手が参入してきたら同業者が1社は倒れる。というような話をよく耳にします。

サニーフーズさんも、回転寿司屋「寿司一貫」をはじめ、多ジャンルに渡って飲食店を経営されておりますので、県外資本の競合も多いはず。
そして、その影響力の強さも身をもって体感してきたはずです。

それでも、川崎社長は言います。
「お客さんへのサービスでは県外資本の企業には絶対負けない自信がある」と。
常にお客さんの立場にたった商品づくりをし、地元だからしえるサービスを常に考えている川崎社長。
お客さんを見失わないようにと、ご自身のことを「経営者ではなく商売人」と語ります。
お客さんのためなら「矛盾をも可能する」という、その精神からは見習うべき点が多過ぎました。

その他の未分類記事